2021年5月26日水曜日

機械保全3級の講習会

技能検定前期試験ですが、機械加工に4名(3級3名・2級1名)、機械保全3級に13名受験します。それぞれ講習会を実施して、合格に向けて支援しているところです。

機械保全3級は、テキストを使用した講習会を終了し、実際の問題形式で行う実技模擬試験を行っています。

各自、講習会の復習をしながら模擬問題を解いていきますが、専門用語に苦労しているようでした。今後は様々な問題を出題し、試験までの1か月間で学習していきたいと思います。




2021年5月14日金曜日

ものづくりマイスター派遣事業「機械保全3級講習会」八戸工業高校

 厚生労働省「ものづくりマイスター」派遣事業の活動で、技能検定「機械保全3級」実技講習会を行いました。

昨年は、機械保全3級試験が中止となり、受験生にとっては受験機会を失ったこともあり、今年度改めて受験の準備をしています。

今回の指導は青森県立八戸工業高校でが、新型コロナの影響で初めてオンライン開催を実施しました。

今年度は、80名の生徒さんを対象に指導を行い、実技対策講習として5月12日~13日の2日間で講習会を進めました。実技テキストや潤滑油やベアリングなどの教材等は事前に持ち込み、カメラ越しに実物を紹介しながら説明を行いました。
不慣れな部分もあり対面方式と違った講習会となりましたが、内容自体は伝えられた思います。

講習会終了後に確認テストとして、高校側で模擬試験も行って頂きましたが、ほとんどの生徒さんは一定のレベルに達していたようです。

試験まで1カ月間、模擬試験の内容を復習しながら合格を目指して頑張って欲しいです。

講師側の説明


高校側は画面越しに受講します

「パワーポイント資料」と「講師の画面」を表示

2021年3月15日月曜日

八戸工業大学 社会貢献賞受賞

 今年度の工作技術センターの活動が、八戸工業大学表彰に採択され表彰状と副賞を頂きました。

内容は以下の通りです。

◎社会貢献賞:新型コロナウイルス感染症に関する地域医療支援活動

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、医療従事者の方の感染リスク低減のため、「フェースシールド」及び「PCR検査BOX]の製作を行いました。また、タクシー車両の後部座席に簡易的なフィルター付き換気扇を取り付け、タクシー運転手の感染防止にも役立てています。

このような活動は、工作技術センターにある設備を最大限に活用し、CADでの設計、3Dプリンターで試作部品から大量生産部品の製造組立を引き受けました。

フェースシールドは300セット、PCR検査BOXは1セット完成させ、医療関係者に納入済みです。

フェースシールド製作の取材

PCR検査BOXの完成記者会見





2021年2月18日木曜日

技能検定機械加工の練習

 技能検定後期日程の機械加工試験が迫っており、受験者が練習を行っております。

◎機械加工(普通旋盤3級):2名

     (技能五輪全国大会青森県予選・普通旋盤作業):1名

      *競技課題は技能検定2級と同一またはこれに準じた課題

     (マシニングセンタ3級):1名

10月から練習を行っていますが、新型コロナの影響もあり思うように練習時間が取れませんでしたが、一定レベルの技量に達してきていると思います。

試験は独特の緊張感の中で行われます。その中でも成果が発揮できるよう頑張って欲しいです。

普通旋盤3級

普通旋盤3級

技能五輪全国大会青森県予選(普通旋盤作業)

マシニングセンタ3級






2021年1月19日火曜日

機械検査3級の練習

今週、機械検査作業3級の技能検定試験が実施されます。

受験生8名は、「寸法測定」や「ねじの有効径測定」など、3つの課題をそれぞれ制限時間内に測定できるかを練習しています。

測定器の清掃や千分の1mm(1μm)の精度が要求されるため、集中しながら作業していました。

今年度は、マスクの他、手袋着用が義務付けられたため、慣れも必要となってきます。




2021年1月13日水曜日

第23回ロボットコンテスト

 今年度は、新型コロナウイルス感染予防対策としてA班、B班別々の日程でコンテストを開催しました。

 競技内容は、フィールドに設置したリングを使い、オリンピックのシンボルマークを完成させた時間と得点を競います。

 リーグ戦のみでしたが、学生の皆さんが半年かけて設計、製作した力作のロボットで健闘し、素晴らしい大会となりました。

競技結果

A班グループ(1月8日)   優勝:A‐3班 準優勝:A‐2班

B班グループ(1月12日)  優勝:B‐2班 準優勝:B‐4班