2019年7月30日火曜日

2019「ロボット設計発表会」

毎年、授業で行っているロボット設計の発表会を開催しました。
今年度の競技は、2台のロボットで箱の中のボール(ソフトテニスボール)を高さが違う12本のパイプ上に早くセット出来たほうが勝ちになります。

発表会では、各班が設計したロボットを全体図や三面図、動作をギミック図を用いて説明し、先生方や学生からの質問に答えていました。

アイデアやプレゼンが優秀だった班は後期「ロボット創作」ガイダンスで表彰されます。

2019年度「ロボットコンテスト」大会要項はこちらから




2019年7月11日木曜日

高校生への資格取得支援(3級マシニングセンタ)

工作技術センターでは、高大連携の資格取得支援として岩手県立久慈工業高校の生徒さん(1名)が受験する技能検定「3級マシニングセンタ作業」の講習会を開催しています。

講習会は、高校の休日に行い、工作技術センターのマシニングセンタで操作方法やプログラミング、座標計算などの練習を行っています。

生徒さんは短い時間の中、集中して課題の練習に取り組み、頑張っています。

また、同試験を受験する機械工学科の学生2名も授業の空き時間を使用し、練習に励んでいるところです。


2019年7月8日月曜日

機械加工も練習中

技能検定試験の機械保全は今週末(7月13日)試験となり、32名の受験生は最後の追い込みです。

他にも、機械加工職種も受験します。
◎普通旋盤2級:1名 (機械工学科3年)
◎フライス盤2級:1名 (機械工学科3年)
◎マシニングセンタ3級:2名 (機械工学科3年・2年)

受験日が今月下旬のため、現在時間を見つけては加工練習しています。
2級受験の2名は、標準時間内(3時間)の終了を目指して、色々工夫しながら作業中。

マシニングセンタ3級の受験生も、授業の合間に練習しながら合格を目指しています。






2019年7月1日月曜日

「はちのへホコテン」へ出展

機械工学科および動力研究部が、6月30日(日)八戸市中心街で開催された「はちのへホコテン」へ出展しました。
出展内容は、大学生が自作・改良したエコカーの展示として、EVビートの展示とエコラン競技大会へ出場しているマシンの展示を行いました。

当日は雨が心配されましたが、無事開催された中、開催直後から多くの市民の方々で賑わいを見せていました。

それぞれの展示ブースでは、車に試乗し記念撮影をしたり、マシンの構造や日頃の活動・大会等を説明しながら、市民の方々に大学のPRも出来たと思います。



2019年6月27日木曜日

機械保全3級実技講習会を岩手県立久慈工業高校で開催

機械保全3級の実技対策講習会を、岩手県立久慈工業高校で実施してきました。
久慈工業高校への支援は、平成24年度から実施しており今年度で8年目となりました。

電子機械科2年生15名を対象に、実技教材も使用しながら講習会を行いましたが、高校側でも講習会を進めていたことから、最後の学習内容確認を含め復習という形で各部品の名称や役割を理解して頂けたと思います。
また、実際の問題形式で行う模擬試験も行いました。

試験まで2週間程度ですが、今回学習した内容を復習し、合格に向けて頑張って欲しいです。



2019年6月10日月曜日

ものづくりマイスター派遣事業「機械保全3級講習会」

毎年依頼の受けている、厚生労働省「ものづくりマイスター」派遣事業の活動で、今年度も青森県職業能力開発協会からの依頼を受け、技能検定「機械保全3級」実技講習会を行いました。
今回も青森県立八戸工業高校での指導です。

今年度は、70名の生徒さんを対象に指導を行い、実技対策講習として6月8日(土)~9日(日)の2日間、実技教材も持ち込み講習会を進めました。

例年通りの問題も有れば、昨年初めて出題された問題もあり、それぞれテキストを参考にしながら行いましたが、専門用語を1つ1つ学習しながら「ねじ」や「軸受」など実物を触らせ、実技対策はもちろんですが、学科にも対応した講習会が出来たと思います。

確認テストとして、実際に問題を並べての模擬試験も行いましたが、ほとんどの生徒さんは一定のレベルに達していたと思います。

試験まで1カ月間、模擬試験の内容を復習しながら合格を目指して頑張って欲しいです。





2019年6月2日日曜日

機械保全3級の実技講習会を開始

7月に試験のある機械保全3級ですが、実技講習会を開始しました。

テキストを使用しての講習は3回ですが、その後に行う模擬試験の回数を増やし、こちらも3回実施して、試験に備える予定です。

今年度の実技試験の受験者は26名(学科のみ受験は6名)で、色々な教材を持ち込み説明しながら講習会を実施しました。