2017年9月19日火曜日

ロボット設計発表の表彰

9月19日から後期授業の開始です。
機械情報技術学科の3年生は、ロボット創作のガイダンスとなりました。
実習予定や注意事項などが伝えられ、いよいよロボット製作が始まります。

そして、前期授業の最後に行われたロボット設計発表の表彰式も行いました。
「優勝」「準優勝」「プレゼンテーション賞」「アイデア賞」の4つを、教職員評価・学生評価で優秀なグループを選考し表彰しました。

◎優勝「B-4班」
◎準優勝「B-2班」
◎アイデア賞「B-3班」
◎プレゼンテーション賞「A-4班」

設計した図面を基に、グループ員の総合力が試される実習になるかと思いますので、製作を頑張って下さい。
優勝「B-4班」

準優勝「B-2班」

アイデア賞「B-3班」

プレゼンテーション賞「A-4班」

2017年9月15日金曜日

教職課程 機械工作実習

夏休み終盤の9月11日~15日の期間、機械工作実習が行われました。
この実習は、中1 種(技術)の必修講義で、機械情報技術学科以外に所属する学生が受講し、5つのテーマを学習します。

今年度は、電気電子システム学科から2名、システム情報工学科から2名の4名で行いました。

授業の概要として「実際に機械、器具に自らの手で触れて、物を加工し、物が作られていく過程を目で確かめ、体で体得することを主眼としている。具体的には、手仕上げ、旋盤、フライス盤、および溶接作業を通じて各種加工法、工作法の基礎を修得する。」となっており、それぞれのテーマごとに「ものづくり」を体感していました。
また、安全についてもKYTを実施し、ケガ防止の意識を高めました。

受講した4名


以上のテーマを終了し、レポート提出で終了となりました。

2017年9月11日月曜日

動力研究部の活動

毎年参加している、公益社団法人自動車技術会東北支部主催「第28回手作り自動車省燃費競技会」に動力研究部引率としての遠征活動報告です。
今年度はメンバー12名と工藤先生も合わせて14名で参加しました。

参加台数は、高校の部7台、高専大学の部4台の合計11台の大会ですが、もてぎ全国大会同様に車検や走行条件は同様に行われ、ガソリン1リットルで何キロメートル走行出来るかの測定をしてくれます。
大会は運転免許センターの周回コースを20周走行(12.66km)し、平均時速25km/h以上の速度(30分23秒以内で走行)で走行した消費燃料を換算して燃費を計算します。

動力研究部は「STD]チームと「TEAMヤマビン」の2台エントリーで、昨年度は大学部門2連覇中で、是非とも3連覇目指しました。

大会は3台が走行出来ず、8台での大会になりましたが、動力研究部は2台とも順調に走行しました。
結果ですが、高専大学部門は「TEAMヤマビン」1台のみが完走し優勝となりました。

「結果」
STDチーム:規定時間4秒オーバーにより失格(参考燃費179.35km/l)
TEAMヤマビン:大学部門 優勝 記録は燃費134.32km/l







規定時間オーバーなど反省点も多々有りますが、3週間後のもてぎ全国に向けて非常に良い経験になりました。特にメンバーの競技マシン準備から競技中の連携など、大学での練習では出来ないことを学習したと思います。

2017年8月28日月曜日

【前期】技能検定試験合格者の発表

7月~8月上旬にかけて行われた前期技能検定試験ですが、合格者が発表されましたのでお知らせします。

◎『機械加工』マシニングセンタ3級
 受験者:5名
 合格者:4名

◎『機械保全』機械系保全作業3級
 受験者:30名
 合格者:28名

後期試験より、日本でのものづくり分野に従事する若者の確保・育成を目的として、 35歳未満の方が技能検定を受ける際の受検料が減額されます。
機械保全に関しては、2級における実技試験が9000円減額され、15400円➡6400円で受験できるようになります。(学科&実技両方受験で、10400円で受験可能)

今後、受験案内は掲示していきます。

2017年8月4日金曜日

第12回若年者ものづくり競技大会の参加報告

若年者ものづくり競技大会は、20歳以下の若年者(企業に就業していない学生・生徒)を対象に、技能習得向上と若年技能者拡大を図ることを目的として開催されています。

今回、愛知県名古屋高等技術専門校を会場に開催された「旋盤職種」に機械情報技術学科1年の田代さんが大会参加してきたので、紹介します。

旋盤職種は31名の選手が参加で、A~Dの4グループに分けられ4日間で実施されますが、田代さんはBグループ(8名)に振り分けられ、8月1日午後に工具準備と試し削り、8月2日に競技となりました。


付添人として、大黒先生と黒滝が参加しました。

使用する旋盤の抽選も行われ、試し削り前と競技開始前には、それぞれ注意事項や連絡事項の説明があり、競技が開始されます。

競技は、標準時間3時間(打ち切り時間3時間30分)で、「組立精度」「部品寸法精度」「できばえ」で製品採点をします。また、標準時間をオーバーした場合は時間毎に減点されていく仕組みです。
 競技中は安全のため防護版が設置され、その周辺をは自由に見学できます。
(当然、話しかけることは禁止)
田代さんは、旋盤職種参加者では唯一の女性で、注目を浴びていました。


普段練習している機械と、競技で使用する機械が違い、操作レバーの違いや機械の癖に若干戸惑いながら競技を進めていましたが、3時間18分で終了しました。終了後は製品洗浄後、組立検査を受け提出となります。

できばえを本人から聞いたところ、ネジ部分とテーパ部に不安があるが、概ね好感触で有ったようです。

会場は冷房設備はなく、各選手に扇風機は設置されてはいましたが、猛暑の中、大変厳しい作業環境での加工でしたが、集中力を切らさずに頑張ってくれました。
結果ですが、残念ながら入賞には届きませんでしたが、非常に良い経験になったと思います。

2017年7月25日火曜日

若年者ものづくり競技大会壮行式

第12回若年者ものづくり競技大会の「青森県選手壮行会」が青森市で行われました。

今回の大会には15職種443名が参加予定ですが、青森県からは7職種15名が参加します。

旋盤職種に参加する、機械情報技術学科1年の田代祐葵奈さんも壮行会に出席し、青森県副知事と青森職業能力開発協会会長より激励のお言葉を頂きました。

旋盤職種は31名の選手を4グループに分け、Bグループの田代さんは8月1日午後に準備、8月2日に競技大会本番となります。





H29「ロボット設計発表会」

7月25日(火)に「ロボット設計発表会」を開催しました。

 発表会では、コンテストで勝ち残れるよう工夫されたロボットが次々と披露され、発表グループは先生方や学生から多くの質問に答えていました。
 また、当日はミニオープンキャンパスが行われ、八戸工業高校の生徒さんが発表会を見学に訪れました。

H29年度「ロボットコンテスト2017」大会要項はこちらから