2021年2月18日木曜日

技能検定機械加工の練習

 技能検定後期日程の機械加工試験が迫っており、受験者が練習を行っております。

◎機械加工(普通旋盤3級):2名

     (技能五輪全国大会青森県予選・普通旋盤作業):1名

      *競技課題は技能検定2級と同一またはこれに準じた課題

     (マシニングセンタ3級):1名

10月から練習を行っていますが、新型コロナの影響もあり思うように練習時間が取れませんでしたが、一定レベルの技量に達してきていると思います。

試験は独特の緊張感の中で行われます。その中でも成果が発揮できるよう頑張って欲しいです。

普通旋盤3級

普通旋盤3級

技能五輪全国大会青森県予選(普通旋盤作業)

マシニングセンタ3級






2021年1月19日火曜日

機械検査3級の練習

今週、機械検査作業3級の技能検定試験が実施されます。

受験生8名は、「寸法測定」や「ねじの有効径測定」など、3つの課題をそれぞれ制限時間内に測定できるかを練習しています。

測定器の清掃や千分の1mm(1μm)の精度が要求されるため、集中しながら作業していました。

今年度は、マスクの他、手袋着用が義務付けられたため、慣れも必要となってきます。




2021年1月13日水曜日

第23回ロボットコンテスト

 今年度は、新型コロナウイルス感染予防対策としてA班、B班別々の日程でコンテストを開催しました。

 競技内容は、フィールドに設置したリングを使い、オリンピックのシンボルマークを完成させた時間と得点を競います。

 リーグ戦のみでしたが、学生の皆さんが半年かけて設計、製作した力作のロボットで健闘し、素晴らしい大会となりました。

競技結果

A班グループ(1月8日)   優勝:A‐3班 準優勝:A‐2班

B班グループ(1月12日)  優勝:B‐2班 準優勝:B‐4班


         



2020年11月19日木曜日

後期技能検定の講習会を開催中

 技能検定試験ですが、今年度前期日程は残念ながら中止となり、主に3級受験者には大きな影響を受けました。(2級受験に必要な受験資格が得られないため)

ただ、後期試験は受験募集も行い、今のところ試験は行う予定となっています。

受験申請者は以下の通りです。

・機械保全(機械系保全作業)2級 19名

・機械加工(普通旋盤五輪予選)2級相当 1名

・機械加工(普通旋盤)3級 2名

・機械加工(マシニングセンタ)3級 1名

・機械検査(機械検査作業)3級 8名

既に、合格に向けた講習会を実施しています。

試験日は機械保全が12月、その他は1月下旬~2月に行われますが、受験生には頑張りを期待します。

機械保全2級講習会

機械保全2級講習会

普通旋盤2級の練習




2020年9月7日月曜日

5日間の機械工作実習(教職集中講義)

夏休み期間中に、教職課程機械工作実習を行いました。

受講生は4名で、「旋盤」「手仕上げ」「フライス盤」「マシニングセンタ」「溶接」の5つのテーマを受講します。

週初めは猛暑も和らぎ受講しやすい環境でしたが、後半は今年の夏を象徴する天候が復活し熱中症に気をつけながら実習を行いました。

受講生は、工作機械の使用が初めての学生が多く、安全第一のためKYT(危険予知トレーニング)を実施し各テーマの安全を確認しながら作業していました。









2020年7月29日水曜日

ロボット設計発表を行いました

機械工作実習で行っている「ロボット設計」ですが、各グループごとの発表を行いました。

発表10分以内、質疑応答10分以内で、図面や動きの説明をパワーポイントを使用し、聴講者に分かりやすいように発表を行っていました。
質疑応答では、各指導員から詳細な説明を求められたり、実際に製作する際のアドバイスもあり、今後に向けてヒントもあったようです。

この設計図面をもとに、後期プロジェクト実習でるロボットを製作し、ロボットコンテストを開催します。








2020年7月13日月曜日

ロボット設計の様子

各グループともロボット設計が進み、図面の作成に取り掛かっています。
発表が7月17日(A班)28日(B班)のため、グループ員で役割分担をしながら図面書きを進めています。
それぞれ三面図や斜投影図を仕上げますが、基本的な書き方を勉強し苦労している様子が見受けられますが、各グループとも締め切りまでには提出し発表準備も進めて下さい。