2018年5月19日土曜日

機械工作実習

機械工学科3年前期講義である「機械工作実習」の紹介です。
実施するテーマは例年通り「溶接」「旋盤」「マシニングセンタ」「仕上げ」を行い、2週行ったあとローテーションで次のテーマに移ります。

既に2つのテーマも終わり、学生も徐々に慣れてきている頃です。

それぞれのテーマで、ものづくりの基本を学習していますが、加工精度や時間を気にしながら製作に励んでいます。









2018年4月20日金曜日

Autodesk Inventor講習会

機械工学科3年生に、Autodesk Inventor活用方法の講習会を支援しています。

このAutodesk Inventor講習会は、後期ロボット創作で行うロボット設計の際に、3DCADとして活用することを目的に、操作方法を学習します。

第1回目は、環境設定や動作確認をした後、操作マニュアル(基礎編)を参照しながら、学生各々がVブロックの図面を書き上げていきました。




2018年4月13日金曜日

技能検定【前期日程】の申込み

 技能検定の申込みが始まっています。

 申込みの締め切りですが、機械加工(普通旋盤3級・マシニングセンタ3級)は4月17日で、こちらは青森県職業能力開発協会に郵送となり、工作技術センター受付としては早めに締め切ります。
現在、普通旋盤3級に1名、マシニングセンタ3級に4名が受験予定です。

 機械保全(機械系保全作業3級)は、4月20日に受験手数料の入金出来次第、手続きが完了となります。こちらは、インターネットで申込み、各自でコンビニでの支払いとなります。
先日申込み説明会を実施し、14名が受験予定ですが、今後若干増えると思います。
機械保全はインターネット申請

 受験手数料が、平成29年度後期日程の試験から、ものづくり分野の人材育成を目的として、35歳未満の受験者を対象に最大9000円減額になっており、受験生にとっては更に受験しやすくなりました。

 受験手数料を紹介します。(35歳未満&学生の場合)
・機械加工3級は、合計6000円(学科3100円+実技2900円)
 →実施機関は青森県職業能力開発協会
・機械保全3級は、合計6900円(学科4000円+実技2900円)
 →実施機関が日本プラントメンテナンス協会


2018年4月3日火曜日

平成30年度 入学式

平成30年度八戸工業大学入学式が4月3日(火)に行われました。

約300名の新入生は、入学式終了後、学友会主催のサークル活動勧誘「サークルロード」を通り、各サークルからの勧誘チラシを受け取っていました。

サークルは、体育会・文化会・愛好会の計68団体あります。ぜひサークルにも参加し、楽しい学生生活を送って欲しいと思います。





2018年3月27日火曜日

機械保全2級の合格発表

技能検定「機械保全」機械系保全作業2級(日本プラントメンテナンス協会主催)の合格発表がありました。

結果をお知らせします。

◎受験者:29名
◎合格者:6名

今回、合格率が思ったより伸びませんでした。
来年度以降は、対策を練って対応したいと思います。

その他、一部合格(学科のみ合格や実技のみ合格)は多数おり、次回以降は合格した一部合格については、免除になります。

4月に入ると、平成30年度前期の技能検定募集も始まりますので、ガイダンス等でアナウンスしていきます。

2018年3月20日火曜日

技能検定試験に係る情報及び意見交換会


 青森県職業能力開発協会の主催で、平成30年度技能検定試験の日程説明や、県内工業農業高校等の教員との意見交換会が実施されました。

  説明の内容は以下の通りでした。
・検定手数料の減額(9000円減額)が平成30年度前期も引き続き対象となる
・青森県内の3級における受験者数及び合格者数の推移についてでは、前年に比べ1.4倍に増加している
・ものづくりマイスター派遣事業の活用状況の説明

 そして、青森県立八戸工業高校 材料技術科主任 坂下先生が「3級金属熱処理及び機械検査技能士取得に向けた当科の取り組み」と題して事例発表を行いましたので、その一部を紹介します。

 発表では、材料技術科が全国的にも珍しい学科であることや、特徴を生かして金属熱処理の検定職種に取り組み始めた様子を紹介しました。また、八戸工業高校の大きなアピールポイントとして、取得した資格をポイント化する「ジュニアマイスター」制度があり、6年連続認定者数が全国30傑に入っていて、就職活動にも好影響を与えているそうです。
 技能検定試験は、金属熱処理の他、機械保全の受験を実施していましたが、機械保全のジュニアマイスターポイントが平成27年度から12pt7ptに下がったため、ポイント獲得の観点から今後は金属熱処理及び機械検査職種を中心に行い、3級だけでなく2級にも挑戦したいとの事でした。


2018年3月19日月曜日

普通旋盤3級の合格

技能検定の後期試験で、2月上旬に行われた機械加工「普通旋盤作業3級」に6名受験しました。

その結果が3月16日に発表され、6名全員が合格しました。
(内訳は、機械情報技術学科1年生2名・2年生2名・4年生2名の合計6名)

受験生は10月~2月の期間、それぞれ約50時間の練習を行い、実技課題は60点以上、学科は65点以上をクリアして合格しました。
(4年生2名は、マシニングセンタ3級取得済みで、学科試験は免除となっていました)

今後は違う職種等の資格にチェレンジするかと思います。

合格証書の交付については、後日、それぞれの受験生に案内が届くことになっています。